厚生労働省登録検査機関 JIFE 株式会社日本エコロジー研究所
食品の安全と安心を検査で
トータルにサポートします。

水質検査

飲用水の水質検査

水道水の取り入れ口までは水道事業者に管理責任がありますが、受水槽以降の水の管理責任は建物の設置者にあります。定期的な水質検査で入居者等の健康と快適生活を守ることが出来ます。
詳しい検査表はこちら

プール水の水質検査

プール水を採取し、細菌検査、理化学検査などを行います。プール水は入泳者によって常時汚染されています。衛生的な環境が保持できるように水質管理を行うことが必要です。
詳しい検査表はこちら

浴場水の水質検査(レジオネラ属菌定量培養等)

公衆浴場、旅館業、介護施設などの入浴施設を対象に理化学検査やレジオネラ属菌などの微生物検査を行います。患者、高齢者が入浴される施設や、質の高い衛生管理を目指されている施設では月1回以上の検査が望まれます。
詳しい検査表はこちら

その他の水質検査

冷却水、井戸水、工業用水等の水質検査についてもご用命下さい。



プール水の水質検査表

検査項目 水質基準 検査頻度 検査方法
水素イオン濃度 (pH) 5.8以上8.6以下 毎月1回以上 ガラス電極法
濁   度 2度以下 毎月1回以上 積分球式光電光度法
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下 毎月1回以上 滴定法
遊離残留塩素濃度 0.4mg/L以上1.0mg/L以下 毎日3回以上※1 DPD法
大   腸   菌 不検出 毎月1回以上 特定酵素基質培地法
一 般 細 菌 200CFU/mL以下 毎月1回以上 標準寒天培地法
総トリハロメタン おおむね0.2mg/L以下が望ましい 毎年1回以上 HS-GCMS法
レジオネラ属菌※2 不検出 毎年1回以上 ろ過濃縮法
※1 少なくとも毎日午前中1回以上及び午後2回以上
※2 維持管理基準に関する変更対象施設:気泡浴槽、採暖槽等

浴場水の水質検査表

検査項目 原水、原湯、上がり用水、上がり用湯 公衆浴場(浴槽水)
色   度 5度以下であること -
濁   度 2度以下であること 5度以下であること
水素イオン濃度(pH) 5.8〜8.6であること -
過マンガン酸カリウム消費量 10mg/L以下であること 25mg/L以下であること
大腸菌群 50ml中に検出されないこと 1個/ml以下であること
レジオネラ属菌※ 10CFU/100ml未満であること 10CFU/100ml未満であること
※ 都道府県等における営業者に対する衛生管理の指導にあたっての指針