厚生労働省登録検査機関 JIFE 株式会社日本エコロジー研究所
食品の安全と安心を検査で
トータルにサポートします。

ノロウイルス検査のご案内

ノロウイルスは強い感染力を持つウイルスで、感染すると下痢やおう吐、発熱などの症状が、1から2日ほど続いた後に回復しますが、幼児や高齢者など、体力のない方が感染すると、重症化することがあるので、注意が必要です。

平成20年6月18日付けで改正された、「大量調理施設衛生管理マニュアル」において、「必要に応じ、10〜3月には検便検査にノロウイルスの検査を含めること」などノロウイルスの検便検査の強化が盛り込まれました。
  大量調理施設衛生管理マニュアル(厚生労働省ホームページ)

  • 冬の食中毒の主な原因はノロウイルスです。
  • ノロウイルスは感染力が強く人が感染源となります(二次感染)。
  • ノロウイルス検査のご相談は、弊社にご連絡ください。

○検査受託要領(遺伝子検査法=RT-PCR法)

項    目

内    容

  検査材料(検体)

  糞便

  採取容器

  専用容器

  検体必要量

  糞便:小指頭大
  粘液便:1〜2ml

  検体の保存・搬送

  凍結

  検査所要日数

  3〜5日(営業日)

  基準値

  陰性(GI(−)・GII(−))

※嘔吐物の検査も可能です。事前にご相談ください。
※専用容器に採取し、凍結で提出願います。
   
   
   
○遺伝子検査法と厚生労働省通達法との相関性
(メーカー提供試料より)
 

遺伝子検査法(RT-PCR法)

GI陽性

GII陽性

ノロウイルス陰性

通達法

GI陽性

59

  0

 2

 61

GII陽性

 0

57

 1

 58

ノロウイルス陰性  0

  1

48

 49

59 58 51 168
GI陽性一致率 96.7%
GII陰性一致率 98.3%
ノロウイルス陰性一致率 98.0%


過去のNEWS TOPICS一覧はこちら