厚生労働省登録検査機関 株式会社日本食品エコロジー研究所(JIFE)

ノロウイルス検査

ノロウイルス検査

大量調理施設衛生管理マニュアルにより、特に10月から3月の期間は食品従事者について検査の実施が求められ、食中毒の発生や人から人への感染を予防します。
また、健康保菌者の判別に有効です。

こんな方に適しています
基本的な検査の流れ

※専用容器に採取し、必ずクール便(冷凍または冷蔵)で発送ください。

厚生労働省より発出されている「大量調理施設衛生管理マニュアル」において、「必要に応じ、10~3月には検便検査にノロウイルスの検査を含めること」、「ノロウイルスの感染防止に努めること」及び「適切な処置をとること」などノロウイルスについての対策の強化が盛り込まれています。
大量調理施設衛生管理マニュアル(厚生労働省)

秋から冬の食中毒の主な原因はノロウイルスです。 ノロウイルスは感染力が強く人が感染源となります(二次感染)。
ノロウイルスによる食中毒発生状況(国立感染症研究所)

ノロウイルス食中毒対策について(厚生労働省)
ノロウイルスの検出法について(厚生労働省)

ノロウイルス検査のご相談は弊社へご連絡をお願いします

検査受託要領(遺伝子検査法=リアルタイムRT-PCR法)
項目 内容
検査方法 遺伝子検査法 リアルタイム RT-PCR法
検査材料(検体) 糞便
採取容器 専用容器
検体必要量 糞便:小指頭大程度以上 粘液便:1〜2ml以上
検体の保存・搬送 冷凍または冷蔵*
検査所要日数 1〜2営業日(検体受付後)
基準値 陰性
検査結果陽性時
の表記
①遺伝子群別報告(GIあるいはGII)
②ウイルス量のコピー数を記号表記( (−)、(1+)、(2+)、(3+) )
※判定値の目安ウイルス量(コピー数/テスト)

判定 (−) (1+) (2+) (3+)
目安コピー数 0〜<50 50〜<103 103〜<104 104

※嘔吐物の検査も可能です。事前にご相談ください。
※専用容器に採取し、必ずクール便(冷凍または冷蔵)で提出をお願いします。
*検査のご依頼が非常に多くなる12月~2月の間は、追加で1日お時間をいただく場合があります。

検査のご案内
パンフレット
検査依頼(平日のみ)
関連資料(外部サイト)

・国立感染症研究所 2015.9.2掲載資料
・国立感染症研究所 2015.9.8掲載資料

お問合せ先

又はお電話078-321-2311(代)までお願いします。

PAGETOP
Copyright © 日本食品エコロジー研究所JIFE(ジャイフ) All Rights Reserved.