厚生労働省登録検査機関 株式会社日本食品エコロジー研究所

プール水の水質検査

プール水の水質検査

プール水を採取し、細菌検査、理化学検査などを行います。プール水は入泳者によって常時汚染されています。衛生的な環境が保持できるように水質管理を行うことが必要です。

一度に多くの人が利用することから、水質基準で定められた水の状態を維持することが重要であり、 これを水質検査によって確認する必要があります。なお、細菌類の増殖を抑制する目的で、 消毒剤として一般的には塩素を用いることから、消毒副生成物総トリハロメタンも検査の対象となります。

プール水の水質検査表

検査項目 水質基準 検査頻度 検査方法
水素イオン濃度(pH) 5.8以上8.6以下 毎月1回以上 ガラス電極法
濁度 2度以下 毎月1回以上 積分球式光電光度法
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下 毎月1回以上 滴定法
遊離残留塩素 0.4mg/L以上1.0mg/L以下 毎日3回以上※1 DPD法
大腸菌 不検出 毎月1回以上 特定酵素基質培地法
一般細菌 200CFU/mL以下 毎月1回以上 標準寒天培地法
総トリハロメタン おおむね0.2mg/L以下が望ましい 毎年1回以上 HS-GCMS法
レジオネラ属菌※2 不検出 毎年1回以上 ろ過濃縮法

※1 少なくとも毎日午前中1回以上及び午後2回以上
※2 維持管理基準に関する変更対象施設:気泡浴槽、採暖槽等

検査依頼
お問合せ先

又はお電話078-321-2311(代)までお願いします。

PAGETOP
Copyright © 日本食品エコロジー研究所JIFE(ジャイフ) All Rights Reserved.