厚生労働省登録検査機関 JIFE 株式会社日本エコロジー研究所
食品の安全と安心を検査で
トータルにサポートします。

情報誌「JIFEニュース」バックナンバー  (先取り情報)

     平成30年7月豪雨及び大阪府北部の地震でお亡くなりになられた方々のご冥福を
お祈りするとともに被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。


◆先取り情報◆(2018.8.1)

■食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について
   厚生労働省HP・・・2018年7月13日より抜粋

−−−  −−−
(豆腐の規格基準の一部改正)
食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(平成30 年厚生労働省告示第270号)が2018年7月13日告示されたところである。
その改正の概要等については、下記のとおりであるので、関係者への周知を図るとともに、その運用に遺漏がないようお取り計り願いたい。

  《第1 改正の概要》
豆腐の規格基準については、食品衛生法(昭和22 年法律第233 号)第11 条第1項の規定に基づき、食品、添加物等の規格基準(昭和34 年厚生省告示第370号。以下「規格基準告示」という。)において規定されている。これまで豆腐は冷蔵等しなければならないと規定していたが、今般、無菌充填技術を用いた豆腐(以下「無菌充填豆腐」という。)について、常温保存が可能であることを確認したため、新たに無菌充填豆腐に関する規格基準を設定したものである。

  《第2 改正の内容》
@ 成分規格
  常温で保存する豆腐について、発育し得る微生物が陰性でなくてはならない旨の成分規格を新規に規定したこと。
A 製造基準
  無菌充填豆腐の製造時の殺菌又は除菌等の方法を設定したこと。
B 保存基準
  無菌充填豆腐については、冷蔵するか、又は十分に洗浄し、かつ、殺菌した水槽内において冷水(食品製造用水に限る。)で絶えず換水をしながら保存しなければならないとする規定の対象外としたこと。


  《第3 適用期日》
告示の日から適用すること。

  《第4 運用上の注意》
@ 豆腐の成分規格に定める発育し得る微生物の試験法は、規格基準告示の第1D各条の「容器包装詰加圧加熱殺菌食品」への試験法に準じて行うこと。
A 無菌充填豆腐の製造に当たっては、規格基準告示に定めるもののほか、平成26 年10 月14 日付け食安発1014 第1号「食品等衛生事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)」に基づき管理すること。
B 無菌充填豆腐の容器包装にあっては、規格基準告示の第3 器具及び容器包装のE 器具又は容器包装の用途別規格の1(1)、(3)〜(5)に適合すること。

《食品衛生月間の実施について…厚生労働省HPより   (営業部)》
厚生労働省では、食品衛生管理の徹底及び地方公共団体等におけるリスクコミュニケーションへの取組の充実等を図るため、8月の1ヶ月間を「食品衛生月間」と定めています。実施にあたっては「食品衛生月間実施要領」を定め、各地方公共団体のほか、関係省庁、関係団体等にご協力いただいています。食中毒というと、飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。普段、当たり前にしていることが、思わぬ食中毒を引き起こすことがあるのです。家庭での発生では、症状が軽いとか発症する人が1人や2人のことが多いことから、風邪や寝冷えなどと思われがちで食中毒とは気づかれず重症化することもあります。家庭での食事作りでの食中毒予防のポイントをチェックしてみましょう。
     厚生労働省HP  より



《微生物検査のご依頼は当社へ》
食品中の菌数や菌の種類を調べて、食中毒や腐敗・変性を防いだ安全な食品であることを示すための検査です。 食品衛生管理・品質管理の向上には定期的な検査をお勧めいたします。ご不明な点等ございましたら弊社までお問い合わせ下さい。
検査依頼書は  こちらです。


2018.8.1
第97号 

1.酷暑続く豪雨被災地、食中毒に注意 作り置きはダメ 
        
朝日新聞DIGITAL HP  ・・・2018年7月19日より抜粋

2.食中毒情報について(消費者庁)
        ・平成30年7月27日発表
         ・平成30年7月20日発表
         ・平成30年7月13日発表
         ・平成30年7月06日発表

3.食品の回収情報、事故情報(厚生労働省、消費者庁)
        ・厚生労働省、都道府県が公表した回収情報、輸入食品の回収事例
        ・消費者庁が公表したアレルギー物質に係る回収情報
        ・消費者庁が公表した事故情報

2018.7.1
第96号 

1.食品衛生法の改正について   …厚生労働省HPより

2.食中毒情報について(消費者庁)
        ・平成30年6月28日発表
         ・平成30年6月21日発表
         ・平成30年6月14日発表
         ・平成30年6月07日発表

3.食品の回収情報、事故情報(厚生労働省、消費者庁)
        ・厚生労働省、都道府県が公表した回収情報、輸入食品の回収事例
        ・消費者庁が公表したアレルギー物質に係る回収情報
        ・消費者庁が公表した事故情報

2018.6.1
第95号 

1.瑞風、水質検査で不適格 JR西の豪華寝台列車…西日本新聞 2018年5月12日より抜粋

2.弁当業者 食中毒で営業停止処分…NHK札幌放送局HP 
2018年5月15日より抜粋
   今月、旭川市の業者がつくった弁当を食べた福祉施設の入所者など72人が下痢などの症状を訴え、保健所は弁当が原因の食中毒と断定し業者を3日間の営業停止処分にしました。
今月8日から11日にかけて旭川市内と上川地方にある8つの福祉施設で、弁当業者がつくった弁当を食べた入所者と職員あわせて72人が相次いで下痢や腹痛などの症状を訴えました。
保健所が調べたところこのうち14人と、残っていたおかずの「筑前煮」から食中毒の原因となる「ウエルシュ菌」が検出されました。
「ウエルシュ菌」は食材の温度が40度前後の時が最も繁殖しやすいということで、保健所は煮込んだ料理を弁当に入れる場合などはそのままにせず冷たい場所に置いておくなど注意を呼びかけています。




3.食中毒情報について(消費者庁)
        ・
平成30年5月31日発表
         ・平成30年5月24日発表
         ・平成30年5月17日発表
         ・平成30年5月10日発表

4.食品の回収情報、事故情報(厚生労働省、消費者庁)
        ・厚生労働省、都道府県が公表した回収情報、輸入食品の回収事例
        ・消費者庁が公表したアレルギー物質に係る回収情報
        ・消費者庁が公表した事故情報

2018.5.1



※PDFデータを閲覧するにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない方こちらよりダウンロードしてください。