1.ノロウイルスによる食中毒にご注意ください…
https://www.fsc.go.jp/sonota/e1_norovirus.html

ノロウイルスによる食中毒や感染性胃腸炎は、一年をとおして発生していますが、特に冬に流行するとされています。ノロウイルスは、少量でも手指や食品などを介して口から感染(経口感染)し、下痢、おう吐、吐き気、腹痛などを起こします。 また、一度感染した人でも、繰り返し感染することがあります。 特に子供や高齢者、免疫の低下した方などは、ノロウイルスに感染した場合に症状が重くなることがあるので、ご家庭でも特に注意が必要です。
 また、ノロウイルスに感染した人は、症状が治まっても、または、症状が出なくても、長い時は1カ月ほどウイルスを排出し続けていることがあるとされ、この点についても注意が必要ですので、覚えておきましょう。
ノロウイルスといえば二枚貝を原因食品として思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、最近の傾向として食材自体にノロウイルスがあることが原因ではなく、食品を取り扱う人がノロウイルスを保有していて、調理や配膳過程においてそこから食品を汚染してしまう場合もあり、様々な食品がノロウイルスに汚染されてしまう可能性があります。

食中毒予防のポイントをご紹介します。
・ノロウイルスによる食中毒を防ぐためには、「加熱」「手洗い」「消毒」をしっかりと行いましょう。
 ノロウイルスによる食中毒の原因としては、人から人への感染が最も多いことから、周りの方々とも声をかけあって、一緒に手洗い、調理器具や調理台の消毒を徹底することが重要となります。
 石けんでの手洗いは、手指に付着したウイルス量を減らすためには最も効果的な方法ですので、調理前、食事前、トイレに行った後は必ず石けんで手を洗いましょう。汚染された調理器具や調理台は、消毒用エタノールや逆性石けん(塩化ベンザルコニウム)などが用いられることがありますが、ノロウイルスを不活化する方法としては、次亜塩素酸ナトリウム (塩素系漂白剤)、熱湯があります。
 おう吐物など感染性のあるものを扱う際は、使い捨てガウン(エプロン)、マスク及び手袋を利用し、ビニール袋などに密閉した上で、廃棄しましょう。床や壁にもおう吐物が飛び散った場合は、ペーパータオルや市販の凝固剤等を使用し、静かにふき取った後、同じく次亜塩素酸ナトリウムで浸すように床をふき取りましょう。
※ 商品の成分に塩素系漂白剤と記載されています。次亜塩素酸ナトリウムは手指消毒に用いることはできず、使用できない調理器具がありますので、使用上の注意をよく読み、使用できない場合は煮沸消毒を行うか、次亜塩素酸ナトリウムが使用できる調理器具に切り替えるなど工夫してみましょう。

2.トピックス
食中毒で処分後の再開日にまた4人下痢

https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/cmsfiles/contents/0000110/110109/191008oshirase.pdf
 令和元年10月2日㈬午前11時10分,患者本人から京都市の医療衛生センターに以下のとおり連絡があった。
『知人と2人で9月25日㈬に,飲食店で鳥の刺身12種盛り等を喫食したところ,2人共が下痢,発熱,腹痛等の症状を呈している。』
医療衛生センターが調査したところ,東山区内の飲食店を令和元年9月25日㈬午後7時30分に利用した1グループ2人と,9月27日㈮に利用した1グループ3人の,計2グループ5人中4人が9月28日㈯午後8時から9月30日㈪午後7時30分にかけて下痢,発熱,腹痛等の症状を訴えていることが判明した。
さらに,本日までに,患者4人の便からカンピロバクター属菌が検出された。
京都市保健所では,患者に共通する食事が当該施設で提供された食事のみであること,患者の発症状況が類似していること,患者4人の便からカンピロバクター属菌が検出されていること及び患者を診察した医師から食中毒の届出があったことから,当該施設が提供した食事を原因とする食中毒であると断定し,令和元年10月8日㈫から10日㈭まで3日間の営業停止を命令した。
医療衛生センターは,当該飲食店に対し,施設の清掃,消毒の徹底を指導するとともに,食材の取扱いなど食中毒予防に関する再教育を行い,被害の拡大と再発の防止に努めている。

3. 食品中毒情報について・・・消費者庁 http://www.caa.go.jp/

■9月20日 (9月9日~9月15日)
カンピロバクター;6件、腸管出血性大腸菌O157;1件、アニサキス;1件、
ウェルシュ菌;1件                                         発生件数;9件
■9月27日 (9月16日~9月22日)
カンピロバクター;6件、サルモネラ属菌;1件、不明;1件                  発生件数;8件
■10月3日 (9月23日~9月29日)
カンピロバクター;4件、黄色ブドウ球菌;2件、腸管出血性大腸菌O157;1件
植物性自然毒(ユウガオ);1件                                 発生件数;8件
■10月10日(9月30日~10月6日)
カンピロバクター;5件、ウェルシュ菌;2件、ノロウイルス;2件、アニサキス;2件
サルモネラ属菌;1件、腸管毒素原性大腸菌;1件、調査中;1件             発生件数;14件

4.食品の回収情報、事故情報・・・厚生労働省、消費者庁

■消費者庁が公表した事故情報 http://www.recall.go.jp/result/
・アップル・ビネガー(異物混入)、乾燥パスタ(黄色ブドウ球菌の検出)、ミニクリスプ(異物混入)
・はちみつサブレ(アレルゲン表示欠落・卵、小麦、乳)、柚子ドレッシング(アレルゲン表示欠落・小麦)
・くるみ餅(アレルゲン表示欠落・乳)、渋皮栗(カビの発生)、水ようかん(食品添加物表示欠落)
・人参・ごぼうと里芋の白和え(サルモネラ属菌による汚染)、伊予柑ゼリー(黒カビの発生)

《JIFEからのお知らせ》       トイレ後の手洗いは重要です                  (検査部)
正しい手洗いを広めるため、国際衛生年であった2008年に、毎年10月15日が「世界手洗いの日」(Global Handwashing Day)と定められました。ノロウイルス対策に限らず、食中毒や感染症の多くは、手洗いの徹底が対策のポイントとなります。ノロウイルスの対策としての手洗いは、トイレの後、調理場に入る前、食品を取り扱う直前、手袋を着用する前、汚物処理後があります。特にトイレ後の手洗いは重要です。「トイレはノロウイルの感染源である」と考えてください。トイレ後の手洗いは、トイレ内で汚染されたかもしれない、自らの手を清浄化する、つまり自分が感染しないための重要な行動となります。また、自分がノロウイルスに感染していた場合、汚染をトイレの外に持ち出さないための行動にもなります。

編集後記;季節の変わり目ですので、体調を崩さないように気をつけていきましょう!!
(片白・東)

 

jifenews112

JIFEニュース第112号