保管期間中の菌数推移やバラつきを把握するためにも、初発(1回目の検査)を含めて3回以上の検査をお勧めします。