厚生労働省登録検査機関 株式会社日本食品エコロジー研究所(JIFE)
よくある質問

検便検査

容器中の保存液を口に入れたが問題はありますか?

輸送用培地(保存液)は食べられませんが、毒劇物は入っていません。 万が一気分が悪くなったり、お腹が痛くなったりした場合には、医療機関に受診されることをおすすめします。

検査容器等が余っているが処分していいですか?

容器記載の使用期限を確認していただき期限内は常温(冷所)で保管頂ければ、次回以降にもお使いいただけます。 期限切れ分は産業廃棄物として処分してください。 但し、採便済分に関しては感染性廃棄物になるので当社へご返却ください …

他の検便容器を使用してもいいですか?

腸内細菌検査(O157、サルモネラ、赤痢など)用容器で保存液が入っていれば使用可能です。 ノロウイルス検査の場合は保存液の入っていない容器であれば使用可能です。

薬を飲んでいますが、検査に支障はありますか?

抗生物質を服用している場合には検査結果に影響が出る場合がある為、当社あて直接ご相談ください。

生理中でも検査は可能ですか?

生理中でも問題ありません。 大腸ガン検査(潜血確認)とは異なり、血液を検出する検査ではありませんので検査可能です。

検査結果の有効期限はどのくらいありますか?

一般的な目安として2週間以内の検便検査結果の提出を求められる場合が多いようですが、法的根拠はありません。 お客様の報告書提出先が決めている場合もございますので、提出先の指示を確認されることをおすすめします。

陽性が出た場合どうすればいいですか?

一般的な対応としては、直ちに食品を扱う作業から離れ、医療機関を受診して下さい。 再検査を行い陰性を確認してから職場に復帰する事が望ましいでしょう。 検査項目等により対応方法が異なりますのでお気軽にお問合せください。

便採取後、どのくらいで送ればいいですか?

検査の精度上、採取後はできるだけ速やかに提出して下さい。 何人分かをまとめて提出するために保管いただく場合は、腸内細菌検査は輸送用専用容器に採取後、常温、冷暗所で保管いただければ、1週間以内は保管可能です。 ノロウイルス …

検体の搬送方法はどうすればいいですか?

検体は輸送用専用容器(内容物が漏れない特殊容器)で当社へ提出いただきます。 検体を搬送いただく場合に、郵送、宅配便を利用いただく場合は、腸内細菌検査(サルモネラ、赤痢、O157など)検体は常温搬送便で問題ありません。 ノ …

少人数、個人でも検便検査を申込みできますか?

申込み可能です。 個人(1名~)でのご依頼も受け付けておりますので、詳しくは当社あて直接ご相談ください。 検査相談

検便検査結果が出るまでどれくらいかかりますか?

腸内細菌検査(サルモネラ、赤痢、O157など)は検体を受領した日から通常3~6営業日で検査が終了し、結果報告書が発送されます。 ノロウイルス検査は検体を受領した日から通常1~2営業日で検査が終了し、速報報告後に結果報告書 …

なぜノロウイルス検査は必要なのでしょうか?

ノロウイルスは感染力が非常に強く、100個以下のウィルス量でも感染することがあります。 下痢や嘔吐等の症状がない場合でもノロウイルスを保有(健常保菌者、不顕性感染者)している場合があり、そのような人が食品の取扱を行った場 …

なぜ検便検査(腸内細菌検査)が必要なのでしょうか?

食中毒菌に感染していても症状が出ない場合があります(健常保菌者、不顕性感染者)。症状がなくとも、感染していると周りの人を感染させたり、時に食品に食中毒菌を付着させてしまう可能性があります。 食品衛生法、大量調理施設衛生管 …

株式会社日本食品エコロジー研究所はH.U.グループの一員です。

PAGETOP
Copyright © 日本食品エコロジー研究所JIFE(ジャイフ) All Rights Reserved.