2022年3月17日(木)
株式会社日本食品エコロジー研究所

弊社を装った不審メールに関するお詫びとお知らせ

 弊社において、一部のパソコンがコンピュータウイルスに感染したことが判明しました。
 また、弊社を装ったメール(以下「不審メール」)が不正に送信されていることも確認しました。
 弊社とメールの送受信をされたお客様及びご関係者の皆様において、同様の不審メールを受信される可能性があり、多大なご迷惑とご心配をお掛けいたしますこと心よりお詫び申し上げます。
 本件の事実の概要及び今後の対応などについて、下記の通りご報告いたします。

1.事実の概要
 弊社のパソコンが「Emotet(エモテット)」と想定されるウィルスが含まれる攻撃メールにて感染。その結果、弊社と過去にメールのやりとりをしたことのある、お客様及びご関係者の皆様に不審メールが送信されていることが確認されました。
不審メールは、実在の相手の氏名、メールアドレス、メール内容等の一部が攻撃メールに悪用され、「正規のメールへの返信を装う」内容となっており、テキストファイルなどが添付されています。

2.弊社を名乗る不審メール(なりすまし)を受け取られた際のお願い
 受信したメールの送信元「表示名」と「メールアドレス」ご確認いただき、弊社が使用している以下のメールドメイン以外の場合はメールを開封せず削除をお願いいたします。
弊社が使用しているメールドメインは以下の2つとなります。
  ① *****@jife.co.jp      ② *****@hugp.com
 また、「表示名」および「メールアドレス」が正しくても、過去に受信したメールを再受信した、日本語の表現が不自然、普段は日本語なのに英語のメールが届いた等、メール本文に少しでも違和感を持たれた場合は、メール本文中のURLにアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず、弊社発信元にメール送付の有無のご確認いただきますようお願いいたします。

3.現時点での状況
 コンピュータウイルスに感染したパソコンは特定できており、既に対策や対処を完了しております。

4.今後の対応
 弊社では、上記事態を重く受け止め、今後、係る事態の再発防止に向け、より一層のセキュリティー強化や情報管理の強化に努めてまいります。

 

以上、繰り返しとなりますが、この度多大なるご迷惑をおかけしたことを、謹んでお詫び申し上げます。

 

弊社を装った不審メールに関するお詫びとお知らせ(PDF版)