食中毒菌に感染していても症状が出ない場合があります(健常保菌者、不顕性感染者)。症状がなくとも、感染していると周りの人を感染させたり、時に食品に食中毒菌を付着させてしまう可能性があります。
食品衛生法、大量調理施設衛生管理マニュアル、学校食品衛生管理基準等に基づき、食品の製造、調理、加工及び販売等の従事者は健康管理と保菌者の早期発見のため、検便検査(腸内細菌検査)の定期的実施が求められています。