厚生労働省登録検査機関 株式会社日本食品エコロジー研究所(JIFE)

異物同定・クレーム品検査

異物同定・クレーム品検査

食品や製品に混入した異物(昆虫・植物・鉱物・繊維・毛髪など)の分析は材質の同定を行います。

食品の異物:検査の性格上、迅速に対応いたしますが、同定・分析に長時間を要する場合は経過を中間報告いたします。

異物検査のご案内

  •  食品衛生法第6条4項において「不潔、異物の混入または添加、その他の理由により人の健康を損なうおそれがあるもの」について製造販売を禁止すると明記されています。
  •  「食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)」が改正され、『異味又は異臭の発生、異物の混入その他の苦情を受けた場合は、保健所等へ速やかに報告すること。』(食安発1014第1号 平成26年10月14日)が、加えられました!

検査の流れ

1.外観・性状観察
検査の方向性を決定する

  1. 異物が目視で確認できる場合 → 異物鑑別検査
  2. 異物が固体で存在しない場合 → 官能検査、培養検査、その他の検査
2.顕微鏡観察
実体顕微鏡、光学顕微鏡を用いて異物の特徴的な構造を確認する
3.各種定性試験
試験 内容 試験 内容
ヨウ素デンプン反応 デンプンの有無の確認 カタラーゼ試験 加熱の有無の推定
ニンヒドリン反応 タンパク質の有無の確認 ルミノール反応 血液か否かの確認
オイルレッド反応 脂質の有無の確認 バイルシュタイン反応 ハロゲン元素の確認
アスロン-硫酸反応 糖類の有無の確認 燃焼試験 燃焼性の有無、臭・煙の確認
リグニンの定性 木片か否かの確認 溶解試験 水、酸・アルカリ等の溶解性
カルシウム反応 カルシウムの有無の確認 スンプ法 毛髪キューティクルの確認
4.FT-IR(フーリエ変換赤外分光光度計)を用いた赤外吸収スペクトルの測定
異物の構成成分や官能基等の特定を行なう。有機物が対象
5.異物鑑定
最終判定は外観・性状観察、顕微鏡観察及び各種定性試験等により同定する

動物性異物 人毛、歯、爪、昆虫、寄生虫、骨、獣毛、ネズミの糞、他
植物性異物 植物片、木片、種子、紙片、木綿、細菌、カビ・酵母、他
鉱物性異物 金属片、ガラス片、陶器、貝殻片、プラスチック片、ゴム、化学繊維、他
その他 食品原材料由来異物、製造工程由来異物、他

 

検査項目・納期

検査項目 納期
異物検査 4営業日
カタラーゼ試験 4営業日
比較品検査 4営業日
蛍光X線分析 要相談
動物種鑑別(遺伝子検査) 約1週間
その他 臭気、洗剤混入etc

※異物によっては納期が異なる場合があります。
※料金はお問い合わせください。

検査依頼
お問合せ先

又はお電話078-321-2311(代)までお願いします。

PAGETOP
Copyright © 日本食品エコロジー研究所JIFE(ジャイフ) All Rights Reserved.