検査案内

ノロウイルス

ノロウイルス検査を行うことによって、健康保菌者の早期発見に繋がります。
早期発見することで二次感染のリスクを防止することができます。

検査概要

秋から冬の食中毒の主な原因は感染力が強く人が感染源となるノロウイルスです。
大量調理施設衛生管理マニュアルにより、特に10月から3月の期間は食品従事者について検査の実施が求められ、食中毒の発生や人から人への感染を予防します。
また、健康保菌者の判別に有効です。

検査の進め方

①検査申し込み

②検査セット到着

③採便

④容器発送

⑤検査実施

⑥報告書受領

発送方法
冷蔵 または 冷凍
採取方法、採取容器
パンフレット参照
検査方法
リアルタイムRT-PCR法
必要量
小指頭大

検査依頼・検査依頼書

WEBからお申込みの方

検査依頼書をダウンロード

パンフレット

マニュアル