厚生労働省登録検査機関 株式会社日本食品エコロジー研究所

HACCP構築支援

HACCP構築支援

平成30年6月13日に公布された食品衛生法等の一部を改正する法律では、原則としてすべての食品等事業者にHACCPに沿った衛生管理の取り組みが求められています。

より安全で、かつ品質の安定した食品を提供するためには、単に作業環境の個別管理を行うに留まらず、原材料の受入・製造(調理加工を含む)から出荷・流通に至るまでの一連の過程において総合的な衛生管理システムの構築が不可欠です。

HACCP とは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。

この手法は 国連の国連食糧農業機関( FAO )と世界保健機関( WHO )の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。参照:厚生労働省

JIFEではこの手法をしっかりと取り入れ、構築するための支援を行っています。詳しくはお問い合わせください。

お問合せ先

又はお電話078-321-2311(代)までお願いします。

PAGETOP
Copyright © 日本食品エコロジー研究所JIFE(ジャイフ) All Rights Reserved.