1.HACCPについて

大阪府/HACCPへようこそより…http://www.pref.osaka.lg.jp/shokuhin/haccp/index.html

HACCPに沿った衛生管理が制度化されます
平成30年6月13日「食品衛生法等の一部を改正する法律」が公布されました。これにより全ての食品等事業者は原則としてHACCPに沿った衛生管理を実施することになりました。ただし、規模や業種等を考慮した一定の営業者については、取扱い食品の特性に応じた衛生管理(HACCPの考え方を取り入れた衛生管理)となります。(公布日から起算して2年を超えない範囲において政令で定める日から施行。施行日から起算して1年間の経過措置あり)

HACCPとは、食品を製造するにあたって、より確かな安全性の高い食品をつくる方法です
「HACCP」は、安全な食品をつくるための管理方法のひとつで、国際的にも広く取り入れられています。「敵を分析して、製造工程の中で狙い撃ち(管理)する」ことから、食品の安全性をより確かなものにすることができます。

HACCPを導入するメリット
これまでは、施設の清掃や道具の洗浄消毒といった製造環境の衛生管理ができていれば、安全な食品を作ることができると考えられていました。この方法でも安全な食品を作ることはできますが、出来上がった製品の検査をしなければ安全性を確認できません。HACCPは「製造工程の中で管理しながら」問題の発生を防ぐので、「HACCPに対応した製造工程で作られた食品は安全性が高い」とみなせます。また、工程の途中で問題が起きた場合、早期に対処できるため、食品の廃棄量やクレームを減らすことができます。 HACCPは難しくない。 安全な食品を作るためには、お金をかけなくても取り組めるソフト面と施設設備といったハード面の両方が必要になります。今ある状態からHACCPに切り替える場合、大部分はソフト面を変えることによって導入が可能となります。また、ソフト面についても今取り組んでいる方法を土台にするため、一から始める必要はありません。

HACCPを導入するときのポイント☆みんなでチャレンジ!
正社員、アルバイト関係なく、従業員のみなさん全員が決められた手順を守ることが大切です。
☆続けること!
一度プランを立てたら終わりではなく、継続していくことが不可欠です。HACCPは初めから完璧である必要はありません。今ある状態から少しずつHACCPに変えていくつもりで、ひとつひとつ取り組んでみましょう!

2.トピックス

■和菓子で食中毒         京都・城陽市
京都府山城北保健所は15日、城陽市にある和菓子の製造業社が作った生菓子を食べた同市や京都市などの9~85歳の男女10人が嘔吐や下痢を訴え、うち3人と業者の従業員2人から黄色ブドウ球菌を検出したと発表した。10名のうち4名が医療機関を受診し、重症者はなく、全員が回復したという。同保健所によると、発症者が食べた菓子はいずれも7月26日に製造され、城陽市内の大規模小売店で7月28日から8月7日の間に販売された。同保健所は食中毒と断定し、業者を15日から3日間の営業停止処分とした。なお、当該食品は8月10日から製造を中止し、製造所は8月14日の夕方から営業を自粛しています。

3.食中毒情報について・・・消費者庁 http://www.caa.go.jp/

●7月19日 (7月8日~7月14日)  発生件数;14件
カンピロバクター;5件、アニサキス;4件、ノロウイルス;1件、ソラニン類;1件
ウェルシュ菌;1件、腸管出血性大腸菌O26;1件、調査中;1件
●7月25日 (7月15日~7月21日) 発生件数;13件
カンピロバクター;6件、アニサキス;2件、サルモネラ属菌;2件、セレウス菌;1件
ウェルシュ菌;1件、調査中;1件
●8月1日 (7月22日~7月28日) 発生件数;10件
カンピロバクター;7件、黄色ブドウ球菌;1件、アニサキス;1件、不明;1件
●8月8日(7月29日~8月4日) 発生件数;12件
カンピロバクター;6件、腸管出血性大腸菌O26;1件、ノロウイルス;1件
ウェルシュ菌;1件、アニサキス;1件、調査中;2件

4.食品の回収情報、事故情報・・・厚生労働省、消費者庁

■消費者庁が公表した事故情報 http://www.recall.go.jp/result/
・キザミハム(賞味期限の記載誤り)、名取愛島産たけのこ味付(栓の緩み)、STELLAジェラート(大腸菌群陽性)
・上等トマトユズポン(特定原材料(小麦)の表記もれ)、伊藤家のごまたかな(異物混入)
・小袖ようかん(包装膨張)、アイスクリーム(大腸菌群陽性)、十和田バラ焼き(アレルギー表示の記載ミス)
・味ささ竹のあっさり煮(ソルビン酸カリウムの使用)、軽井沢タルトくるみ&アーモンド(消費期限の誤表示)
・なめらかクリームチーズケーキ(カビの発生)、抹茶マドレーヌ(賞味期限切れ原材料の使用)
・国産豚肉味付焼肉用(消費期限の誤表示)、オクラうどん(カビの発生)、蔵王じぇらみる(大腸菌群陽性)
・キャラメルショコラ(アレルギー表示の欠落・乳)、チリ産 銀さけ(消費期限の誤表示)
・熟成酒粕(異物混入)、生鮮ドリアン(プロシミドンが基準値越え)、水てまり(カビの発生)
・干し子持ち樺太ししゃも(消費期限の誤表示)、するめいかリングから揚げ(アレルギー表示の欠落・乳、鶏肉)

《JIFEからのお知らせ》   検便検査依頼項目について   (営業部)

残暑が厳しく、まだまだ食中毒に気を付けないといけない季節です。厚生労働省食中毒統計資料によると2009年以降の10年間で1,000件以上発生している年が8年あり、特に細菌性食中毒は夏季に多く発生しています。食中毒予防対策の一つとして、腸内細菌検査(検便)があります。現在、赤痢菌、サルモネラ菌(チフス菌、パラチフスA菌含む)と腸管出血性大腸菌O157を検査する、5項目の検査を実施されているところもあるかと思います。しかし5項目の検査では、上記食中毒情報にある腸管出血性大腸菌O26や、JIFEニュース108号のトピックスで取り上げさせていただいた腸管出血性大腸菌O103は検出できません。そこで、ベロ毒素産生大腸菌が検出可能な「全種セット」の実施をお勧めしております。ご検討いただければ幸いです。
不明な点は、弊社営業課までお気軽にお問い合わせいただければと思います。

編集後記;残暑が非常に厳しいですね。熱中症など、体調管理に気を付けていきましょう。     (片白・東)

 

jifenews110

JIFEニュース第110号