1. 食品中の残留農薬等…(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/zanryu/index.html
 食品中に残留する農薬などが、人の健康に害を及ぼすことのないよう、厚生労働省は、全ての農薬、飼料添加物、動物用医薬品について、残留基準を設定しています。残留基準は、食品安全委員会が、人が摂取しても安全と評価した量の範囲で、食品ごとに設定されています。農薬などが、基準値を超えて残留する食品の販売、輸入などは、食品衛生法により、禁止されています(いわゆる「ポジティブリスト制度」)。
農薬が基準を超えて残留することのないよう、農林水産省が、残留基準に沿って、農薬取締法により使用基準を設定しています。また、食品の輸入時には、検疫所において、残留農薬の検査等を行っています。

よくある質問
Q1.農薬等の残留基準はどのように決められている?
 農薬等により健康を損なうおそれがないよう、次のような
方法で、農薬等の残留基準を設定しています。
農薬等の安全性は、物質の分析結果、動物を用いた毒性試験結果等の科学的なデータに基づき、リスク評価機関である食品安全委員会が、食品健康影響評価(リスク評価)を行います。具体的には、各農薬等ごとに、健康への悪影響がないとされる「一日許容摂取量」(ADI)が設定されます。この結果を受けて、厚生労働省では、薬事・食品衛生審議会において審議・評価し、食品ごとの残留基準を設定します。

Q2.食品中の残留農薬等はどのように検査されている?
 国内に流通する食品や、輸入食品について、自治体や国が、残留農薬等の検査を行っています。
国内に流通する食品については、自治体が市場等に流通している食品を収去するなどして、検査を行っています。検査は、自治体の監視指導計画において検査予定数を決めて行っています。輸入食品については、輸入の際に検疫所への届出が必要ですので、届出された輸入食品の中から、輸入食品監視指導計画に基づいて、モニタリング検査を行っています。違反が確認されると、検査の頻度を高めたり、違反の可能性の高い食品に対しては、輸入の都度、検査を行うことになります。また、違反が確認された場合には、その食品を廃棄させたり、原因究明や再発防止を指導するなどの措置を講じます。

Q3.ポストハーベストの規制はどうなっている?
 ポストハーベストは添加物に該当するため、添加物として指定を受けたものしか使用することができません。
食品衛生法において、食品添加物は、「食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用する物」と規定されているため、収穫後の農作物に防かびを目的として使用される、いわゆるポストハーベストは、食品添加物に該当します。食品衛生法第10条の規定により、指定されていない添加物(ポストハーベスト農薬を含む)を使用する食品 について輸入、使用、販売等が禁止されます。農薬が、収穫前・収穫後のいずれに使用された場合であっても、残留濃度が規制されています。収穫前に農薬として使われた場合であっても、収穫後にポストハーベスト(食品添加物に該当)として使われた場合であっても、残留濃度が基準値以下 である必要があります。農薬としての基準値も、食品添加物としての基準値も、同じ物質を同じ作物に使用する場合には、原則として同じであり、残留濃度が基準値を下回る必要があります。

Q4.日本の残留農薬等の基準は国際的に見て厳しいと聞きますが?
 残留農薬の基準の設定に当たっては、物質ごとに、毎日一生涯にわたって摂取し続けても健康への悪影響がないと推定される一日当たりの摂取量(ADI:一日摂取許容量)を食品安全委員会が設定した上で、これを基に農薬等として使用される物質の推定される摂取量がこのADIを超えないよう、食品ごとの基準を設定しています。このADI設定の考え方は国際的に共通していますが、食品ごとの基準については、各国がそれぞれの国の事情に基づいて定めています。例えば、残留農薬の基準を個別に比較した場合、日本と諸外国との気候風土(高温多湿等)や害虫の種類の違いなどにより、農薬の使用方法や検査する部位が異なる(玄米と籾米など)ことなどから、基準値が異なる場合があります。そのため、残留農薬の基準について、日本の基準が厳しい場合があれば、諸外国又は国際基準の方が厳しい場合もあり、どちらが一概に厳しいとは言えません。

2.トピックス

ブルガリアからの家きん肉等の一時輸入停止措置について                    (農林水産省)
https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/200220.html
(事案の概要)
 農林水産省は、令和2年2月20日(木曜日)、ブルガリアからの家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。
ブルガリアの家きん農場において、高病原性鳥インフルエンザ(H5N8亜型)の発生が確認された旨、ブルガリア家畜衛生当局から国際獣疫事務局へ通報がありました。国際獣疫事務局への通報を受け、本病の我が国への侵入防止に万全を期するため、令和2年2月20日(木曜日)、ブルガリアからの家きん肉等の輸入を一時停止しました。
※ 発生国又は地域から、家きん肉等の輸入を一時停止するのは、我が国で飼養されている生きた家きんがウイルスに感染することを防止するためであり、食品衛生のためではありません。

3. 食品中毒情報について・・・消費者庁 http://www.caa.go.jp/

■ 1月30日 (12月18日~ 1月20日)発生件数;10件
ノロウイルス;8件、アニサキス;1件、調査中;1件
■ 2月 6日 (12月21日~ 1月27日)発生件数;12件
ノロウイルス;4件、カンピロバクター;3件、アニサキス;3件、サポウイルス;1件、調査中;1件
■ 2月14日 (12月30日~ 2月 4日)発生件数;13件
ノロウイルス;6件、アニサキス;3件、サルモネラ属菌;1件、ウエルシュ菌;1件、
シュードテラノバ;1件、クドア・セプテンプンクタータ1件
■ 2月20日 ( 2月 2日~ 2月11日)発生件数;8件
ノロウイルス;4件、アニサキス;2件、ヒスタミン;1件、カンピロバクター及びサルモネラ属菌;1件

4.食品の回収情報、事故情報・・・厚生労働省、消費者庁

■消費者庁が公表した事故情報 http://www.recall.go.jp/result/
・青なんばんみそっこ胡瓜(金属片混入)、いっぺんたべまーセットうどん(消費期限の誤表記)
・アップルタイザー(内容液に濁り)、磯の海苔佃煮(保存料の使用基準超過)、イタリア産粉チーズ(カビ)
・カレーブルダック炒め麺(添加物名称の誤記、欠落)、ふるさと納税返礼水産加工品(ブリの鮮度不良)
・ガトーショコラ(乳の記載漏れ)、筑紫もち(賞味期限の誤表記) 、ガーリックピューレ(賞味期限切れ)
・生かき生食用(E.coli最確数基準超過)、ジャムやゼリー(無許可営業)、泡盛(無許可営業)

《JIFEからのお知らせ》         「カフェインについて」           (食品検査部理化学検査課)
 最近カフェインレスという言葉を目にする機会が多くなりましたが、意味はご存じでしょうか。珈琲飲料等におけるカフェインレスとは、カフェインを90%以上取り除いた商品であるという意味です。
珈琲は好きだけど眠れなくなるから寝る前に珈琲は飲めない、とか眠気覚ましに珈琲を飲もう!と思っている方は表示をよくご覧になってみてください。その珈琲、カフェインは入っていますか?

編集後記;新型コロナウイルスが流行っています。マスク着用と手洗い・うがい・アルコール消毒をこまめに行い感染
しないよう予防に心がけましょう。

(牧野・東)

jifenews116

JIFEニュース第116号