1.消毒・除菌方法について・・・(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/syoudoku_00001.html

① ウイルスを減らし感染予防をしましょう
 新型コロナウイルスへの感染は、ウイルスを含む飛沫が口、鼻や眼などの粘膜に触れること、または、ウイルスがついた手指で口、鼻や眼の粘膜に触れることで起こります。
このため、飛沫を吸い込まないよう人との距離を確保し、会話時にマスクを着用し、手指のウイルスは洗い流すことが大切です。さらに、身の回りのモノを消毒することで、手指につくウイルスを減らすことが期待できます。
現在、「消毒」や「除菌」の効果をうたう様々な製品が出回っていますが、目的にあった製品を、正しく選び、正しい方法で使用しましょう。

② 手や指などのウイルス対策
 ①手洗い
 手や指についたウイルスの対策は、洗い流すことが最も重要です。手や指に付着しているウイルスの数は、流水
による15秒の手洗いだけで1/100に、石けんやハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1
に減らせます。
 ②アルコール(濃度70%以上95%以下のエタノール)
 手洗いがすぐにできない状況では、アルコール消毒液も有効です。
アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。
<使用方法>濃度70%以上95%以下(※)のエタノールを用いて、よくすりこみます。
(※) 60%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告があり、70%以上のエタノールが入  手困難な場合には、60%台のエタノールを使用した消毒も差し支えありません。
<注意事項>※アルコールに過敏な方は使用を控えてください。
※引火性があります。空間噴霧は絶対にやめてください。

弊社からの消毒用アルコール製品の検査に関するご案内
 受託項目:エタノール定量検査(容量%)・エタノール定量検査(重量%)・メタノール ・ホルマリン
消毒用アルコール製品の検査とは
 エタノールの含有量の確認はもちろんのこと、不純物のメタノールを含む品質管理としてご利用頂ける検査となります。

単項目 税抜き価格
(円/1検体)
必要サンプル量
(1検体あたり)
速報納期 報告単位
エタノール定量(容量%) 17,750  30mL以上 7営業日 vol%
エタノール定量(重量%) 15,000  5g 7営業日 g/100g
メタノール 10,000  5g 7営業日 g/100g
ホルマリン (ホルムアルデヒドとして) 7,000  5g 5営業日 g/100g
セット項目 税抜き価格
(円/1検体)
必要サンプル量
(1検体あたり)
速報納期 報告単位
エタノール重量%、容量% 20,000  30mL以上 7営業日 g/100g、vol%
特急エタノール重量%、容量% 30,000  30mL以上 4営業日 g/100g、vol%
ミニセットB(メタノール・ホルマリン) 11,000  5g 7営業日 g/100g

〈検査のご依頼先〉
 短納期の特急分析や、項目によりますが即日分析も行っておりますので、ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せください。担当:足達  TEL.06-6997-6052

2.トピックス

JIFEでは2020年10月1日より香粧品分析の受託を開始致しました。
製品中の成分定量分析や医薬部外品の承認申請に関わる試験、異物検査など幅広く項目をご用意しております。
外部試験機関の契約なども承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。担当:足達  TEL.06-6997-6052

3. 食中毒情報については、消費者庁
   https://www.caa.go.jp/ よりご参照ください。
  食品の回収情報、事故情報については、消費者庁
   https://www.re.call.caa.go.jp/result/index.php?screenkbn=01&category=1よりご参照ください。

【JIFEからのお知らせ】     加熱したからといって安心できない食中毒    (食品第一検査部 細菌検査課)
ウエルシュ菌は、ヒトや動物の腸管内、自然界に広く生息し、100℃で1~6時間の加熱にも耐える熱に強い芽胞を作ります。ウエルシュ菌による食中毒はカレー、シチューなどの煮込み料理や仕出し弁当、パーティー・旅館での複合調理食品によるものが多く、大量調理食品で多くみられます。ウエルシュ菌は加熱しても生き残り、また酸素のない状態で増えます。大量に調理した鍋の中は酸素不足になりやすく、調理後、温度が下がるとウエルシュ菌は急激に増えます。それらの食品を食べると腹痛・下痢などの食中毒を引き起こすことがあります。4・5月に最も多く発生しており、食中毒予防のための主なポイントは、①喫食までの時間を短くする、②加熱調理後に速やかに10℃以下に冷却する、③よく混ぜながら調理する、④調理後の食材は小分けにして保存する、⑤再加熱する場合は十分加熱することです。

編集後記;
はじめまして!香粧品検査担当の足達と申します。新しい生活様式として自転車の活用を取り入れております!最近では車道の端に自転車用の青いラインが増えているのですが、ヒヤッとする事もしばしば。車を運転する時には安全運転を心がけようと改めて思いました。 (足達)

・この情報誌は主に、農林水産省、厚生労働省、消費者庁等のホームページを参考にして作成しています。
・ご質問、ご意見等は、info@jife.co.jp 又はファクシミリにてお受けいたします。FAX:(078)321-3069(管理部まで)

 

jifenews129

JIFEニュース第129号